フィルム「ヴァージン・スノー」を見た

宮崎あおいさんのファンなので、こんなのも見に行かねばならないのである。予告編を見て某なあと思っていたのだが、取り敢えず、ふっとなあ。男子に同行して日本のハイスクールに転校したイ・ジュンギ(『国王のダディ』、『フライ・ダディー』)がおんなじハイスクールに伺うあおいさんに一目ぼれしてしまうのだが、当初の恋人のあまりにもノーウエザーな振る舞いに鼻白むパワー。特に二人はサービス合ようになるのだが、家の事情であおいさん、やにわに恋人の前から姿を消して仕舞う。傷心の恋人はソウルに帰り、事後再会、ということになるが、続開のきっかけになったという、あおいさんの画図であるが、これがなかなかソウルの展覧会にお迎え受けるような優れたものではないのが、幾らか。『ただくんをかわいがりてる』のときのフォトのほうがいまだに優れていたよ。京都とソウルのシーンの中でのちっちゃい恋愛講話という所。国中と韓国の連携製造でプロデューサーは韓国個人。映画の世界では国境はもはやなくなっている。中国・香港・台湾の連携製造なんていうのもあるくらい。人気ダイエット方法

自宅ワークしながらギリギリの生活だけどデイリー興味深いだ。

居留ワークで収入を得るようになってから
数ヶ月が経過しました。

外に出て立ち向かう時給制のバイトとは食い違い最良出来制。
収入は10分の1くらいに減りましたが、外敵がないのが気楽ですね。

気をつけることといったら納期を続ける趣旨、質の悪いものを手渡ししてセドリ回避にならない趣旨くらいですね。

それでも、家族と過ごす間隔が増えたり
住居にいる間隔が増えたり、ネガティブにならずにすむのは嬉しいことだ。

しばし性能上げて、色々なタスクに挑戦してみたいと思います。

僅か参ることといったら、知人と遊ぶ一瞬。
大分節約した質素な生活をしているので、買物をしたり、飲食をしたりする一瞬
人類分かれしたような差が出てしまう(笑)

そこを上手く隠さないといけないのですが、今は依然窮屈だ。

外側でアルバイトすればいいと想う方もいるかもしれませんが
ウェブサイトのシチュエーションで仕事をしたいという執着心があります。

9月の考えはスカスカですから、その間に頑張ろうと思います。顔汗 止める

長女の里帰り

8月後半、ちょこっと遠方で独身をやる長女が、2お天道様だけ帰ってきました。あれほど気を遣うなと言ったのに、何とかビールと軽食をお思い出に持ってきました。
ふる里でも内定があったものの、定年不可避の企業の方を選んだ場合、嫁入り志向の全くないあの方らしきなあとちっとも応戦できなかったのを、民家を出てからの5カ月の間で数回後悔しました。彼には極秘ですけどね。
こそこそ盗み見やる声明数々のから、面白くもありがたいひとり暮らしのさまが垣間見えて、素晴らしいような、うら寂しいような。

大大好きだった餃子は、時間があるときにたっ振り作って冷凍しているようです。そういえば餃子のお天道様は、何も言わなくても包むを手伝ってくれたなあ。
へえ、ビールも飲み込むようになったんだね。花の23年代、胃腸出ないように気をつけるんだよ(実話をもとにした提言、の意向)。
相変わらず、アニメいっぱい見ているね。でもって、人間と好みが微妙に合わないのも未だに(長女は萌え美少女派、あたしと妹は腐女性傾向、父さんはロボ派)。

長女は人間引き取り手を嫌っていたわけではない、と思うけれど、小さくて小汚いケース物品としての「うち」を、正直きちんと好いてはいなかったようです。
だから、こういう都度の気まぐれ帰省で一際嬉しかったのは、「うちに帰る思考が全くないわけではない」とわかったことですね。
これは、元日も注目行うよ。ダイエット