人間を見て生まれた月収といった血液ジャンルを充てる

 私の得意なときの一つに「人の生まれた月収といった血液型式を割り当てる」ことがあります。十中八九役に立たない無駄自尊心ですが、これが結構当たったりする。いまひとつ1月収、4月収、9月収源といったO型式、B型式、AB型式が分かるです。微妙な月収もありますが、今まで出会ってきた諸々を生まれ月ロット分けて見ると共通点があります。1月収源の諸々は巧みです。4月収源の諸々は独自の制度ってローテーションをしんどくもってある。9月収の諸々は具合弱弱しく見えますが、本当はかなりの熱量を持っています。そうして血液型式は「先触れ」で捉えられます。関わったスポットそれぞれの受ける具合が違う。ですがA型式の個々がO型式に感じられたりすることがあるのでそこの理解が難しかったりする。
 この自尊心が四六時中で役に立つことは概してありませんが、「源」と「血液型式」はその人の独自にとっても影響を与えていると感じます。「○○型式は××ですから」というように友感覚が持たれていますが、その感覚に生きているといった寄っていってしまうのでしょうか。そこの対比も面白いと思います。空気を持つことにしばしば良い事はありませんが、「第基本具合」を探査していくのは大変面白い事です。pc マックス