フィルム「ヴァージン・スノー」を見た

宮崎あおいさんのファンなので、こんなのも見に行かねばならないのである。予告編を見て某なあと思っていたのだが、取り敢えず、ふっとなあ。男子に同行して日本のハイスクールに転校したイ・ジュンギ(『国王のダディ』、『フライ・ダディー』)がおんなじハイスクールに伺うあおいさんに一目ぼれしてしまうのだが、当初の恋人のあまりにもノーウエザーな振る舞いに鼻白むパワー。特に二人はサービス合ようになるのだが、家の事情であおいさん、やにわに恋人の前から姿を消して仕舞う。傷心の恋人はソウルに帰り、事後再会、ということになるが、続開のきっかけになったという、あおいさんの画図であるが、これがなかなかソウルの展覧会にお迎え受けるような優れたものではないのが、幾らか。『ただくんをかわいがりてる』のときのフォトのほうがいまだに優れていたよ。京都とソウルのシーンの中でのちっちゃい恋愛講話という所。国中と韓国の連携製造でプロデューサーは韓国個人。映画の世界では国境はもはやなくなっている。中国・香港・台湾の連携製造なんていうのもあるくらい。人気ダイエット方法