できないことを克服するには

私は高校のご時世、初めはイングリッシュが下手でした。但し後のキャンパス受験期にはイングリッシュが自負教科になり、そのイングリッシュを武器にしてキャンパスに合格することができました。なぜイングリッシュができるようになったのかというと、英単語を覚えることが好きになり、英単語がわかるようになっていくうちにイングリッシュが好きになり、イングリッシュを進んで勉強することができたからだ。イングリッシュが下手だ方々は、イングリッシュにおいて反感を有することが多いと思います。ただしその反感こそがイングリッシュを下手として要るパートなのではないかという私は考えます。私がそうであったように、とある事由からイングリッシュを好きになる結果好スピードを出来上がり、そこからイングリッシュができるようわたるは多くあると思います。これはイングリッシュに限ったことではありませんが、予め何かにおいて後ろ向きなフィーリングを持ってしまうことは自分にとって良いことではありません。とりあえず好きになることが最初に限ると思います。皆さんも何かを好きになる結果いい道筋にかけていただけるといいですね。http://xn--cckae4f5c4a9e9c2bwbya8r.xyz/