いつでもどこでも寝られる

 身は寝ることがお気に入りです。そうしてお家芸です。私の眠り期間の最高録画としては一度も起きずに18期間です。眠いとして実質を触ると直ちに寝て仕舞う。昼寝をしたとしてもその日の夜にはただただ眠りにつくことができるし、枕が変わったからといって寝られなくなるということもありません。また、身はホームステイの経験があるのですが、ホストファミリーって往訪中に車内で寝たこともあります。生じるってホストファミリーが笑っていて恥ずかしかったです。部活の合宿では軽装と変わり布団だし、周りに周辺もいてうちは形勢は本当に違いますが、直ちに寝ます。身はとくに所や時間は関係なく眠いと思ったら直ちに寝付けるのです。
 但し、そういったいつでもどこでも寝られるはいいことばかりではありません。たとえば、良くないことですが、演説消息筋やセミナーなどのときに直ちに寝てしまうことです。眠いと思った直ちに寝てしまうので、気づいたら演説がかなり進んでいたとか、セミナーでは終わった上に意見が書けないということが多くありました。また、長時間寝ることを通じてボディが痛くなったり、逆に疲れを見まがうこともあります。ですから適度な睡眠をとることが大切なのだと思います。それは自分でも分かっています。
 しかし身は何度も言うように寝ることが大好きなので、ボディが痛くなっても疲れても潤沢寝ることに行う。年齢と共に体力が消え去り、長時間寝ることもできなくなっていくと思うので、今のうちに寝つけるときは潤沢寝ておこうと思います。背が伸びるサプリメント